一般の方へ

GENERAL PERSON

整形外科は四肢・体幹の運動器疾患を扱う診療科です。
整形外科領域のあらゆる疾患や外傷に対応し、専門的知識、高度な技術、豊富な経験を生かし治療に当たっています。

骨・軟部腫瘍、関節疾患、脊椎・脊髄疾患、リウマチ性疾患、四肢・脊椎外傷、骨代謝性疾患、スポーツ疾患、リハビリテーション医療など幅広い分野の診療を高い水準で行っています。

地域の開業医の先生方と連携をとりながら、単に疾患の治療を行うだけでなく診断、治療、リハビリテーション、社会復帰に至るまで一貫した治療を行うことを基本理念としています。
患者さんに満足して頂ける診療を目指しています。

診療体制・治療方針

豊富な経験と知識を持つリウマチ医が生物学的製剤などの新しい薬剤も駆使し対応します。
将来的な関節の破壊・変形を抑制するために積極的な治療を行います。合併症に関しても各内科医等と連携し迅速に対応することができます。

不幸にして病期が進み関節破壊が進行してしまった患者さまに対しても、各種関節形成術や人工関節手術の技術を駆使して機能を再建しています。
四肢のあらゆる関節にマルチに対応します。

高度医療

骨・軟部腫瘍領域

良性・悪性を問わずあらゆる骨・軟部腫瘍に迅速に対応する体制を整えています。
CT、MRI、PETなどの最新の画像診断を駆使しつつ病理医とも連携し、正確な診断を行います。
腫瘍専用人工関節開発、人工神経、骨延長などの臨床的・基礎的研究を通して培った豊富な知識と高度かつ多彩な技術で確実な腫瘍の切除と最大限の機能再建を行います。骨・軟部腫瘍専門医が高いレベルの医療を提供する国内でも数少ない施設の一つです。

関節疾患領域

日本人に適合する人工股関節の開発・研究を継続的に行っています。
完成した人工股関節は臨床応用され、非常に良好な臨床成績をおさめており、内外から高く評価されています。
股関節・膝関節ではコンピュータ・ナビゲーションシステムを導入し、正確で安全性の高い手術を提供しています。
その他、肩・肘・足関節・指関節の人工関節置換術も行っています。
さらに各種の骨切り術・関節形成術や肩腱板、膝半月板・靭帯、肘関節手術など関節鏡視下手術にも精通した医師が対応し、良好な臨床成績をおさめています。

リウマチ性疾患領域

豊富な経験と知識を持つリウマチ医が生物学的製剤などの新しい薬剤も駆使し対応します。
将来的な関節の破壊・変形を抑制するために積極的な治療を行います。
合併症に関しても各内科医等と連携し迅速に対応することができます。
不幸にして病期が進み関節破壊が進行してしまった患者さまに対しても、各種関節形成術や人工関節手術の技術を駆使して機能を再建しています。
四肢のあらゆる関節にマルチに対応します。

脊椎・脊髄外科領域

脊髄損傷の治療や椎間板疾患および脊椎靭帯骨化症の臨床的・基礎的研究を継続的に行ってきました。
研究成果は高い評価を得ています。また、日本人に適合する人工椎体の開発も行い、良好な臨床成績をおさめています。
コンピュータ・ナビゲーションシステムや術中脊髄モニタリングを導入し、正確で安全な手術を提供します。

四肢・体幹外傷領域

骨盤外傷には国内でも数少ないエキスパートが対応します。四肢外傷に対してもそれぞれの分野の医師が迅速に対応できる体制が整っています。脊椎・脊髄外傷にも専門医が迅速に対応します。
骨・軟部腫瘍切除後の再建を応用し、あらゆる運動器外傷において、より機能的な再建を目指すことができます。

主な検査

神経モニタリング、ナビゲーションシステム

脊椎・脊髄の手術時には脊髄に損傷をきたさないよう脊髄モニタリングを使用します。
脊髄モニタリングの使用により安全で正確な手術が実現します。
末梢神経における手術においても神経モニタリングを使用します。
人工関節の設置や骨切り術にはナビゲーションシステムを用いています。

各種画像検査

3D−CT、高解像度MRI、PETなどの最新の撮影機器を用いた検査が可能です。 複数の画像検査を組み合わせることでより正確な診断と治療が可能となります。手術中もX線やCTを使用し正確な手術と安全を確保します。

病理学的検査

腫瘍などの組織を顕微鏡で検査します。
骨・軟部腫瘍は確定診断が難しい場合も少なくありませんが、病理医と臨床医がディスカッションすることでより正確な診断が可能になる体制を整えています。